沿革・歴史

2005
5月: セーレン(株)とカネボウ(株)との新合弁会社KBセーレン(株) 設立
カネボウ(株)の主な繊維事業を営業譲渡のうえ継承(綿/絹/ナイロン/ポリエステル事業)
10月: セーレン(株)100%資本となる
2006
3月: 北陸合繊工場敷地内に研究開発センター完成
6月: 防府合繊のナイロン事業を北陸合繊工場に設備移管完了
長浜工場敷地内に工業資材の編立及び最終製品工場として「ホワイト工場」第一期工事完成、
北陸合繊工場の差別化原糸による一貫生産体制を確立
2007
4月: 接触冷感ナイロン繊維「アクシア」発売開始
6月: 透け防止ポリエステル繊維「イマージュ」発売開始
2008
10月: 工業資材一貫生産体制の拡大に向け「ホワイト工場」第二期工事完成
2009
3月: 長浜工場での天然繊維事業撤収
4月: 遮熱ポリエステル素材「シャダン」の発売開始
10月: 赤外線吸収蓄熱素材「フィールサーモ」の発売開始
11月: ご家庭用高機能おそうじ製品「そうじの神様」の発売開始
2010
5月: 細繊度エンプラ繊維「ゼクシオン」「グラディオ」の発売開始
2011
4月: 中国・上海に凯碧世联化学纤维有限公司設立
  2014年10月:セーレングループの総合販社に統合
2014
4月: 摩擦防融素材「メルテクト」の発売開始

継承した主な繊維事業の歴史

1889 鐘淵紡績株式会社(カネボウ)として操業開始
1930 長浜工場/絹布工場として操業開始
  1940年絹染色加工開始
  1964年合繊染色加工開始
  1977年ベルセイム染色加工開始
1962 防府ナイロン工場着工1963年操業を開始
1968 防府工場ポリエステル長繊維本生産開始
1970 北陸合繊工場/カネボウ合繊第2工場として着工
  1972年チップ紡糸操業開始
  1973年直接連続重合プラント操業開始
  1985年SPD本機生産開始
  1986年複合紡糸機稼動
  1988年ポリエステル事業北陸集中化完了
1977 分割型コンジュゲートマイクロファイバー「ベリーマX」によるベルセイム発売
1978 導電糸「ベルトロン」発売
1982 ウレタンスパンボンド「エスパンシオーネ」の発売
1985 高性能ワイピングクロス「ザヴィーナミニマックス」発売
1986 パンスト用複合糸「シデリア」発売
1992 ベルセイム製造技術、繊維学会‘技術賞’受賞
ベルセイム生産技術、大河内生産賞‘グランプリ’受賞
2005 長浜工場を含む綿事業と絹事業及び北陸合繊工場を含むポリエステル事業とナイロン事業をKBセーレンに営業譲渡

ページの上部へ